沿革

1918年(大正7年)10月25日当社の前進、(株)鹿児島化学研究所創立(のち、鹿児島化学工業(株)と社名変更)
1929年(昭和4年)石灰硫黄合剤、マシン油乳剤などの農薬生産開始
1940年(昭和15年)11月鹿児島市郡元町に農薬工場建設
1941年(昭和16年)12月24日三啓化学工業㈱設立(現法人)、朝鮮群山で農薬製造
1943年(昭和18年)6月指宿・山川工場を設置し泉熱製塩事業を開始
(昭和39年4月15日廃止)
1949年(昭和24年)6月27日戦後特別措置により前身会社を現法人に吸収合併し、鹿児島化学工業(株)と社名変更
1955年(昭和30年)1月1日東京出張所(現東京本社)開設
1962年(昭和37年)1月1日サンケイ化学(株)と社名変更
1962年(昭和37年)7月9日株式公開、福岡証券取引所上場
1962年(昭和37年)12月10日深谷工場を建設し操業開始
1963年(昭和38年)6月1日福岡出張所開設
1972年(昭和47年)2月21日鹿児島工場を建設し郡元工場を移転
1973年(昭和48年)10月1日大阪営業所開設
1986年(昭和61年)6月1日公募増資で新資本金6億6,450万円とする
1989年(平成元年)コナガコンの登録、フェロモン剤の市場に本格参入
1999年(平成11年)7月5日新社屋を建設し、本社を移転